キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 もつに含まれる栄養とその効果② : もつ鍋がもっと好きになるサイト

もつに含まれる栄養とその効果②

もつ鍋がもっと好きになるサイト

もつ鍋がいかに栄養が高いのか、もつに含まれる豊富なビタミンとその効果とは!?

新着記事

もつに含まれる栄養とその効果②

もつに含まれる栄養素とその効果②

美味しくて栄養のあるもつ鍋にはたくさんの栄養素がはいっています。

前回に続き、その栄養素とその効果を説明していきます。

もつに含まれる「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンB6」とは。

ビタミンB1は糖質エネルギーをかえるために欠かすことができない成分で、このビタミンB1がないと糖質エネルギーにかわることができなくなり、乳酸などの疲労物質が体にたまり、疲れやすくなったり代謝に低下から太りやすくなったりしてしまいます。

なので、ビタミンB1とはダイエットにかかせないものなのです。

糖質と一緒にビタミンB1を摂取することで糖質をしっかりとエネルギーとして消費することができ、また、ニンニクやたまねぎに含まれているアリシンと一緒に摂取することによってビタミンB1が吸収されやすくなります。

つぎにビタミンB2ですが、ビタミンB2は消耗した細胞を新たな細胞へと生まれ変わらせる成長の役割をもっています。

細胞は日々新しい細胞に生まれ変わっており、古い細胞は体外へと排出されていきます。

また、ビタミンB2は脂肪に直結しやすい脂質エネルギーにかえるという特徴があり、脂質はダイエットにおいてもっとも減らしたい栄養素なのでダイエットにはとても大切な栄養です。

ビタミンB6は食事で摂取したたんぱく質をアミノ酸に分解し、体に必要なたんぱく質に再合成してくれます。

皮膚や髪の毛を健康な状態にしたsり、皮膚分泌の調整をするので、にきびなどの皮膚炎症に効果があります。

もつ鍋の具材にスライスしたニンニクやたまねぎを入れて食べたらもつに含まれるビタミンB1が摂取しやすくなりますね!

生活の中で多くのビタミンを摂取するのは難しいですが、もつにはたくさんのビタミンが含まれているので、風邪予防にぜひ食べてみてください。