キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 もつ鍋は女性の味方?! : もつ鍋がもっと好きになるサイト

もつ鍋は女性の味方?!

もつ鍋がもっと好きになるサイト

ホルモンに含まれる多くの栄養は女性の見方!低カロリーでおいしいもつ鍋の魅力!

新着記事

もつ鍋は女性の味方?!

三大栄養素といわれる炭水化物、資質、たんぱく質、もつ鍋に含まれる栄養分のうち、一番多いものが三大栄養素のひとつである脂質で、約26gとなっています。

その次に多いのが炭水化物で約20g、たんぱく質約14gです。

また、ビタミン・ミネラルはビタミンB12とモリブデンがもっともおおく含まれているのです。

ビタミンB12とは、おもに動物性食品のなかで内臓系に多く含まれていることがわかっていて、同じビタミンB軍である葉酸とともに赤血球を作り出していて、赤い色をしていることから別名「赤いビタミン」と呼ばれています。

血液を作り出してくれるので、貧血などに効果があるといわれているビタミンです。

同様にモリブデンも貧血を予防してくれる効果があって、代謝にかわる必須ミネラルの1つです。

人間の体内では酵素の構成成分となることから糖質や資質の代謝をよくしてくれる働きがあります。

このように内臓系ホルモンには多くの栄養があり、もつ鍋として野菜と一緒に食べることで必要なビタミン等が多く摂取することができます。

冒頭述べたようにもつ鍋には脂質が多く、もつ鍋自体カロリーは低いのに太りやすいと思ってしまうイメージがあるのは脂質が多いせいかもしれません。

ですが、もつに含まれる脂質は主にコラーゲンなので、女性には嬉しい成分であり、貧血にも効果があるので素晴らしい食材といえます。

それでも牛と豚のもつではカロリーが大部違ってくるので、ダイエット中ならば牛ホルモンよりも豚ホルモンをおすすめします。

一般的なもつ鍋は豚よりも牛もつを多くつかうのは、豚に比べてやわらかく味わい深いからだと思います。

カロリーの違いはありますが、どちらのホルモンも栄養価は高いので女性におすすめです。

▼詳しくはコチラ…https://4meee.com/articles/view/747665